バストケアクリームの成分特徴と安全性

バストケアクリームにはどのような成分が含まれている?

バストケアクリームと呼ばれる商品がいろいろと販売されていて、貧乳で悩んでいる人の中には興味を持っている方もいるでしょう。ところでどのような成分が配合されているのかと疑問に感じる人もいるはずです。バストケアクリームの中にしばしば配合されている成分がいくつかあります。

ボルフィリンは、脂肪細胞を分化させて増殖する効果があります。バストはその9割が脂肪によって作られているといわれています。脂肪を増やすことは、バストのボリュームケアに欠かせません。また女性ホルモンが活発に分泌されると乳腺を刺激して、脂肪を増大するといわれています。妊娠するとバストが大きくなります。これも女性ホルモンの影響によるものです。プエラリアやイソフラボンには女性ホルモンの中でもエストロゲンの働きを促進する効果があるといわれています。

美容成分で美乳効果も

バストケアを希望している人の中には、バストがただ単に大きくするだけでなく、美しいバストラインを作りたいと思っているはずです。そのためには、美容成分の含まれているバストクリームも多いです。コエンザイムQ10は基礎化粧品にも多く含まれていて、優れた抗酸化作用によりアンチエイジング効果が期待できます。またシロキクラゲ多糖体という成分が含まれているバストクリームも見られます。シロキクラゲ多糖体は保湿力に優れているので、みずみずしいバストを作り出す効果が考えられます。

バストケアクリームを使って副作用の起きることは?

バストケアクリームをこれから購入する人の中には、副作用などのリスクはないのか心配だという方もいるはずです。バストケア関係の商品に関する口コミを検証したデータがあります。バストケアクリームの場合、216人中副作用が出たという人はわずか1人でした。確率で見ると0.4%です。

ちなみに似た商品として、服用することでサイズケアを狙うバストケアサプリもいろいろと販売されています。バストケアサプリの場合、口コミの中で副作用があったという意見は19.5%に達しました。単純比較すると、バストケアクリームの約50倍の副作用リスクがあるといえます。

バストケアクリームの副作用を見てみると、「湿疹が発生した」というものが中心です。肌の弱い人やアレルギー体質の人は少し気を付ける必要はありますが、深刻な健康被害の起きる可能性はほぼほぼないといっていいでしょう。バストケアサプリと比較すると、圧倒的に優れた安全性を持っているといえます。