バストケアクリームを使ったマッサージ方法

優しくマッサージをするのが基本

バストケアクリームを塗る際にマッサージをすると、より高い効果が期待できます。しかし、ただむやみに強くマッサージをすればいいというわけでもありません。優しくマッサージするのがおすすめです。乳房には、乳腺や血管が集中しています。あまり強い力でマッサージをしてしまうと、この乳腺や血管をかえって傷つけてしまう恐れがあります。

少なくても痛みを感じるような強さでマッサージを行わないことです。気持ちも重要で「バストケアするように」という思いを込めてマッサージをした方が、バストケア効果も高まるといわれています。マッサージをするとき、手の平が冷たいとリラクゼーション効果が期待できません。ですから手のひらの温かい状態でマッサージをすることも大事です。

お風呂上がりのタイミングで行う

手のひらが温かい状態であれば、お風呂上りにバストケアクリームを塗ってマッサージするのがおすすめです。お風呂上りは手のひらだけでなく、体全体が温まっています。血行が良くなって、代謝の力の高まっている状態です。このときにバストケアクリームを塗れば、より高い効果が期待できるでしょう。

お風呂に入るとその日1日の疲れが癒され、リラックスした状態になります。リラックスしていると、女性ホルモンの分泌が活発になります。女性ホルモンはバストケアに大きく関係しているので、お風呂上りにバストケアクリームを塗るとより高い効果が期待できます。

具体的なマッサージ方法を紹介

バストケアクリームを使用する際に、マッサージをすると効果が高まります。では具体的にどのようにマッサージをすればいいでしょうか?

す。この部分には乳房につながっている毛感が集まっているからです。この部分をもみほぐすことで、乳房への血行も促進されます。またリンパも集中しているので、この部分からマッサージをすると老廃物の排出もスムーズになって、乳房の細胞の働きが活性化し、バストケアの効率的な効果も期待できます。

バストケアクリームを使用する際には、ぜいたくに使用するのがおすすめです。もしクリームの量が不十分だと、マッサージをしたときに摩擦が高まってしまいます。その結果、肌を傷めてしまうことにもなりかねません。ですからたっぷりクリームを塗って、バストケアマッサージをすることです。