バストケアサプリの副作用やリスク

バストケアサプリで起こる可能性のある副作用を御存じですか?

「副作用」という少し怖い表現ですが、副作用とは「医薬品を使用することで起こる本来の目的以外の作用」を指す言葉を言います。

つまり、薬ではなく健康補助食品であるバストケアサプリに副作用という言葉を使うことは、間違っているのですが、分かりやすく説明するために「副作用」という表現を使います。

バストケアサプリで人気のある成分といえば「プエラリア・ミリフィカ」ですが、バストケアサプリで副作用を起こす原因となっているのも「プエラリア・ミリフィカ」と言われているいます。プエラリアを含んだバストケアサプリの豊胸効果を実感する人の中で起こる可能性のある副作用的な症状として

・頭痛、むくみ、吐き気、腹痛など倦怠感
・生理不順、不正出血、排卵障害
・乳がん、子宮がん

バストケアサプリメントの多くには、女性ホルモン様作用(女性ホルモンに似た作用)のある成分(特にプエラリアには要注意)が含まれているため、からだがだるい(倦怠感)、生理不順、不正出血などが起こる様々な副作用が起きる可能性があります。

これらの症状が出た場合は、豊胸サプリに含まれている成分(特にプエラリアには要注意)が身体に作用している可能性があります。

乳がんや子宮がんは若い方でもかかる可能性が十分にあるガンの副作用の可能性もあります。サプリを飲んで病気のリスクを自ら高めてしまうのは本当に危険です。

サプリメントがダメだということではなく、このようにバストケアサプリの危険性、副作用があることをしっかり理解してください。

生理の始まる前の黄体期にはバストケアサプリメントは控えること

生理の始まる前の黄体期は、プロゲステロンが活性化する時期ですので、この時期にエストロゲン様作用を持つプエラリアを大量に摂取すると、エストロゲン過多になり、上記の症状や頭痛、吐き気等の症状が出ることも考えられますので、控えることをオススメします。

バストケアサプリには、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)を活性化する成分が含まれています。ホルモンバランスが崩れていた場合などに過剰に摂取してしまうと、このホルモンバランスが極端に崩れ上記のような副作用が出る場合があります。

生理中のバストケアサプリもオススメしません。

生理中はエストロゲンの分泌量が少ない時期ですし、女性の身体的にデリケートな時期でもあります。このデリケートな時期にエストロゲン様作用のあるプエラリアが配合されたバストケアサプリを摂取すると、生理が重くなったりなど、体調に影響を与える場合があります。

副作用はどうして起こる?

バストケアサプリで副作用がなぜ起きてしまうかということですが、大きく3つの理由があります。

1. 飲む量が適正量ではない
2. 飲む時期が適切ではない
3. 配合されている成分が身体に合わない

プエラリアに代表される女性ホルモン様作用する成分に注意

プエラリアのような女性ホルモン様作用のある成分が含まれているバストケアサプリが多く存在します。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、バストケアサプリにはこのどちらかのホルモンに似た成分が配合されているので、豊胸効果を実感できるという仕組みです。

この飲む時期を間違えてしまうと、本来のエストロゲンとプロゲステロンの割合のバランスが崩れ、副作用が起きやすくなると言われています。

サプリメントの配合成分がカラダに合わない時は、すぐに中止すること

サプリに含まれている成分があなたの身体に合わない場合、副作用が起こる可能性があります。

プエラリアはマメ科の植物ですので、豆アレルギーのある人には合いませんし、ワイルドヤムは芋アレルギーの人には合わず副作用が起きることがあり得ます。

飲む量、飲むタイミングの他、アレルギーでなくても身体に合わなかった場合、何らかの副作用が身体に現れる場合がありますので、その際は使用を中止しましょう。

困った時は、サポートダイヤルに事前に相談すること

国内工場生産、無添加と宣伝を謡っているバストサプリメントは、口に入れるものです。バストケアクリームと違います。どんなに安全性に配慮されたバストケアサプリを選んだとしても、体質や体調により、副作用が起こってしまうということはあり得ます。

バストケアサプリ選びの際には、購入者向けのサポートダイヤルが設けられたものを選びましょう。サポートダイヤルにもし何か不安なことがあった場合でも、飲み方などで疑問が生じた場合にも、プロに相談することができるので安心です。